回路おこしでモノづくりをサポート

回路おこし こぼれ話2 回答 コンデンサはどれですか

こぼれ話2 回答 コンデンサはどれですか

コンデンサはどれでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですか、わかりましたか。

 

コンデンサはどれでしょうか。左から、コイル、サーミスタ、サーミスタ、バリスタ、コンデンサ、コンデンサです。

 

答えは、
  コンデンサの数  : 2個
  コンデンサの位置 : E と F

 

 

コンデンサの場合、色合いは容量によっても違いますし、
 メーカーによっても多少違いがあります。
  よって、色合だけでは、わからないのが実情です。

 

写真は、左から
  A: ビーズインダクタ
  B: サーミスタ
  C: サーミスタ
  D: バリスタ
  E: コンデンサ
  F: コンデンサ
    となっています。

 

手元の在庫を探したら、こんなところでした。

 

ちょっとした色合いの差はあるものの、
 ほとんどコンデンサと思えてしまいます。

 

区別をするには、測定することになります。

 

抵抗値として表示されるのは、
 インダクタとサーミスタ。
  これらは、すぐに判断がつくのでまだましです。

 

バリスタとコンデンサ、
 これらはともに、容量表示となります。
  容量表示となってしまうため、区別がつきません。

 

区別するには、
 両端に電圧を加えて特性を見るしかありません。

 

バリスタの由来は、
 Variable Resistor 
  変化する+抵抗 からきているそうです。
   ⇒ Vari+stor ⇒ Varistor

 

電圧を加えるとある特定の時点で抵抗値が減少する。
 この特性を見ていくしかありません。
  いわゆる、ツェナーダイオードのような特性が
   双方向で得られます。

 

しかし、すべてのコンデンサに電圧を加えて測定する。
 というのは、大変ですし、どの程度の電圧で
  特性がみられるかは、わかりません。

 

1枚の基板の中で、バリスタだよって、小さいながらも、
 自己主張してくれるとたすかるのですが、
  そんなわけには、行きませんよね。

 

『回路おこし』としての測定結果は、
 ひとまずコンデンサとして進めます。

 

次に、回路図をおこした時点で、
 回路構成と容量から気になるところを
  チェックしていきます。

 

チェックといっても、バリスタの容量は、
 部品によってピンキリです。
  極端な値であれば、気がつくのですが、
   微妙な値の場合は、感が頼りとなってきます。

 

チェックした部分を、測定し直して判断しますが、
 バリスタ電圧が100Vを超える部品もあります。

 

数十Vくらいなら良いのですが、
 高い電圧をかけて測定するのは素子の破壊につながります。
  よって、適度なところ迄で判断しています。

 

バリスタは、
 なかなかの厄介者の部類です。
  今では、0402サイズの部品もあるそうです。

 

回路おこしでは、
 このような点にも注意して進めております。
  たいへん、大変!
   でも、おもしろいですね。


関連ページ

回路おこし とは
回路おこしの概要解説
回路おこし お見積りに際して
回路おこしに際して、お見積りするための必要な資料等の説明。
回路おこし 成果物・納期
回路おこし 成果物の概略、納期等の説明
回路おこし FAQ
回路おこしについての質問をまとめました。
回路おこし こぼれ話1
最近、行った回路おこしでは、0603部品、極小ICなど、うまく部品がとれるかが問題でした。 回路図の再生、復元が無事出来、より小さな部品でも、出来る自信が出来ました。
回路おこし こぼれ話2 問題 コンデンサはどれですか
どれがコンデンサなのか、わかりますか。

ホーム RSS購読 サイトマップ