回路おこしでモノづくりをサポート

アートテクノ有限会社

回路おこし お見積り

回路おこしの費用とお見積りに必要な資料。


 

回路おこしの費用としては、
アートワーク費用の2倍前後が目安となります。
基板の仕様によって前後しますので、お見積り致します。

お見積り資料

お見積りには下記資料を頂いて積算しております。

 

1)部品のピン数の情報が分かる程度の写真
  大きな基板は、全体写真 と 分割写真をお願いします。

 

回路番号つけ

 

2)基板サイズ、基板厚さ
基板の面積を参考としています。

 

外形サイズサンプル

 

長方形の場合は、タテ X ヨコ の寸法
異形基板の場合は、最大外形の タテ X ヨコの寸法と、面積が出せる様な寸法が欲しいところです。

 

 

 

3)基板の層数

回路番号つけ

基板の端面をやすりで削って確認。
この写真は、銅箔が5層ですが、バランスからすると
8層基板と予測します。  
層数が不明の場合は、弊社で数種類の層数に対する
お見積りを予測して試算しています。

 

 

4)部品点数・部品ピン数の積算
  1)の項目で、ピン数が確認できる写真があれば弊社にて積算します。

 

  チェックピン,プロービングパッド等は、回路図作成から除外しています。
  必要な場合は、お見積りの時点でお知らせください。
  未搭載部品においては、回路図作成の範囲内としています。

 

回路番号つけ

 

複数ある丸パッドが、
プロービングパッドです。
(矢印部)

 

 

 

5)チップ部品の接着剤の有無

外形サイズサンプル

 

  矢印:部品接着剤
      半田面が噴流式半田付けの場合に使用されています。

 

 

 

 

6)チップCR部品の最小サイズ

回路番号つけ

 

  1005、1608部品等
  写真は、
  1005サイズの部品です。

 

 

 

7)基板表面の防湿剤の有無、及びポッティング状況。
  絶縁、防湿対策に有効な手法と言われています。
  ウレタン・シリコン・エポキシ等の材質が使われており、
  できれば、現物をお預かりして材質の状況を見て判断したいところです。

 

回路番号つけ

 

・コーティング品
 現物で状況を判断させていただきます。
 写真は、厚く塗布されていますが、
 薄く塗布されている場合もあります。

 

 

回路番号つけ

 

・ポッティング品
 透明の樹脂は基板上、約5mm程の厚みがあります。

 

 

 

 

回路番号つけ

 

・充填品
X線写真を見ながら、少しづつ削っていくことになります。

 

 

 

 

 

8)BGA部品等の部品裏面パッドは、正確な積算ができません。
  品番からデーターシートが入手できればよいのですが、
  不明の場合は、推測ですすめます。

 

回路番号つけ

  この場合は、
  判明した時点で再見積もりとさせて頂いております。

 

 

ページTOP

関連ページ

回路おこし とは
回路おこしの概要解説
回路おこし 成果物・納期
回路おこし 成果物の概略、納期等の説明
回路おこし FAQ
回路おこしについての質問をまとめました。
回路おこし こぼれ話1 見えないほどの小さな部品
最近、行った回路おこしでは、0603部品、極小ICなど、うまく部品がとれるかが問題でした。 回路図の再生、復元が無事出来、より小さな部品でも、出来る自信が出来ました。
回路おこし こぼれ話2 問題 コンデンサはどれですか
どれがコンデンサなのか、わかりますか。
回路おこし こぼれ話2 回答 コンデンサはどれですか
回路おこしの進め方のなかで、 コンデンサとバリスタの区別、判断方法。
回路おこし こぼれ話3 問題 何層基板でしょうか
他社製品の基板分解調査(ティアダウン・回路図おこし)は、製品開発の前段階で回路調査することにより、性能・技術力・原価等を把握し、自社製品との比較分析が可能となります。
回路おこし こぼれ話3 回答 何層基板でしょうか
断面から、層数と銅箔厚さ、プリプレグの厚さを確認して進めます。 どの程度慎重に切削しなければならないのか、 参考にしています。

ホーム RSS購読 サイトマップ