回路おこしでモノづくりをサポート

アートテクノ有限会社

こぼれ話3 基板層数 回答

何層の基板かわかりますか

 

 

 

 

 

 

回答1)基板の層数は、何層と思いますか。

この写真は、5層分が見えています。

 

銅箔5層が見えています

 

通常、層数というのは、
 偶数層の構成が標準です。

 

 

点対象で180度回転し合成すると、
 見えていないところの、銅箔層が見えてきます。

 

 

 

8層基板_合成

 

 

 L2−L3、L4−L5、L6−L7の
  両面基板が3枚と
   外層にそれぞれ1枚張り合わせた8層基板と
    推測するのが妥当かと思います。

 

 

8層基板_合成

 

8層基板の積層方法としては、
 両面基板を3枚重ねて、その外側に外層となる銅箔を
  張り合わせて8層基板としています。

 

この層構成の場合、
 L4層とL6層は、ストリップラインの可能性が出てきます。

 

L2層も、ストリップラインの可能性もありますが、
 L1層側には部品が搭載されているため微妙なとこと思われます。

 

回答2)基板の層数は、何層と思いますか。

内層の銅箔は見えていませんが、よく見ると筋が4本入っています。
この筋は、樹脂基材の接続面が現れています。

 

よって、外層の2層と内層4層で6層基板となります。
しかし、このように接続面の筋が見られない場合もあります。
基板断面カット写真

 

 

次は こぼれ話4 ストリップライン


 

お見積り依頼は、メールにて対応させて頂きます。

 

関連ページ

回路おこし こぼれ話1 見えないほどの小さな部品
極小部品の0603等、うまくとれるかが問題でした。 このような小さな部品でも、何とかクリア出来るようになりました。
回路おこし こぼれ話2 問題 コンデンサはどれですか
どれがコンデンサなのか、わかりますか。
回路おこし こぼれ話2 回答 コンデンサはどれですか
回路おこしの進め方のなかで、 コンデンサとバリスタの区別、判断方法。
回路おこし こぼれ話3 問題 何層基板でしょうか
回路おこしを進める時に、一番気になるのが、層数と層構成です。層間のプリプレグの厚さも気になるところです。
回路おこし こぼれ話4 ストリップライン
両面実装基板で、ストリップラインを構成する場合、最低でも6層以上の層構成が必要となる。ここでは、前の8層基板の数値を例にインピーダンスを計算してみます。
回路おこし こぼれ話5 プレスフィット端子
車載関係で使用されているプレスフィットピン、プレスフィットコネクタをまとめています。 スルホール壁面への食い込み方が、すごいものもあります。
回路おこし こぼれ話6 部品下の濡れた跡
問題:部品下に光っている濡れた様な跡があります。これは何でしょうか。
回路おこし こぼれ話6 回答 濡れた跡は何だろう
大型リフロー部品としては、リレー、端子等があります。半田量を確保するため、メタルマスク開口部との関係を記載しました。
回路おこし こぼれ話7 4層基板のいろんな層構成
今までに見てきた4層基板の層構成が3種類あります。層構成と製造工程を開設してあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ